2008年10月01日のアーカイブ

読書の秋です

また、本を 読みました。
芥川賞最年少受賞の
「蛇にピアス」
です。
蜷川幸雄監督で映画化されたみたいですね~。
最後の解説を 村上龍 さんが書いていました。
この二人は同じ臭いがしますね。
村上龍さん大好きで読みあさってた頃がありました。
特にデビュー作の
「限りなく透明に近いブルー」
は、ボロボロになるまで読みまくりました。
この
「蛇にピアス」
同じような話なんですが、
「限りなく透明に近いブルー」
の時のような衝撃がありませんでした(´・ω・`)
とても寂しい感じがします。
あーあ、私も大人になってんな~。
ってしみじみ思いました( ̄^ ̄)